持ち主を探しています。

昨日、弊社へと、一通の封筒が送られてきました。

中にはメモリアルペンダントと、PCで書かれた手紙が入っておりました。

手紙の内容は

骨董市で、電車内の忘れものらしい物を仕入れて売っていた業者から、アロマや香水を入れるネックレスで間違えて購入してしまいました。

ホームページで探し、こちらの製品だと思い、顧客名簿から持ち主の方にたどり着くのではないかと、お送り致しました。持ち主の方もさびしい思いをしていると思いますので、お手数をお掛け致しますが、よろしくお願いいたします。

と記載してありました。

同封されていたペンダントは、残念ながら、博國屋で販売しているものではありませんでした。

ペンダントの特徴から、販売店を探しているのですが、シンプルなデザインのため、正直見つけることが難しいです。

特徴その1 デザイン

特徴その2 サイズ

本体の大きさ(円柱形) 高さ:2.5cm 直径:1cm

チェーンの長さ(留め具含まず) 53cm

特徴その3 刻印

本体には刻印がされており、位置は、フタを締めた時チェーンを通す穴の下付近(実際にペンダントを付けた時に両端にくる位置)に刻印されています。

メッセージ内容は個人名と年月日が記載されているので、画像ではぼかしますが、片面には

ローマ字で名前 桜のマーク 生年月日-没年月日

が刻印されています。

kokuinn-a

もう片面には

ありがとうお母さん

と刻印されています。

kokuin-b

上記が特徴となります。地域も絞れれば探しやすいと思いましたが、あいにくその情報はなく、持ち主がインターネットで購入したとなれば、地域を絞ることに意味はないので、とりあえず、同商品を扱っている販売店を探すことが始めています。

情報があればお願いします。

なんとか持ち主の方へお届けできればと思います。

刻印が入っていることから、販売された店であれば、刻印メッセージのデータからお客様の情報があるのではないかと思います。

個人情報となりますので、弊社から直接お返しすることはないので販売店さんにお任せすることになります。

弊社でも同商品の販売店を引き続き探してみますが、心当たりのある方、同じ商品を見たなど、ウチの商品かも、とどんなことでも結構です。

何か情報があれば、ご連絡頂ければと思います。

電話では 075-257-7838

メールでは info@hirokuniya.jp

まで

落とし物のペンダントについて」とお伝えください。

手元供養の博國屋

博國屋は新しい供養の形「手元供養品」を京都で製造販売しています。京都の瑞光窯で作っている清水焼のお地蔵さんや京都の職人さんたちの手による逸品を揃えています。是非、ご覧になってください。

博國屋公式HP

博國屋の手元供養品の地蔵

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする