字が上達します。 | 東福寺の正覚庵での話

字が上達 東福寺正覚庵

筆供養の正覚庵

毎年11月の23日に東福寺の塔頭寺院である正覚庵で筆供養が行われます。

全国から集められた筆やペン等の筆記用具をお焚き上げします。お焚き上げの時に出るケムリを浴びると字が上達すると言われています。

東福寺正覚庵の威徳堂

当日は、出店が出たり、威徳堂に筆神輿があったり、竹で作った巨大な筆があったりと、筆供養の祭りのような雰囲気です。普段非公開のお寺となっているので、筆供養せずとも観光にと訪れている人も多かったです。

東福寺正覚庵の筆供養

クライマックスはお焚き上げですが、この火の勢いが想像を絶する強さでした。周りは柵をしてあり一般の方は近くても2.5mほどの距離でしたが、これでも近すぎると感じる程、熱とケムリを味わいました。

私も撮影のため、少し近くにいたのですが、顔面がヒリヒリしてました。

この時期東福寺は紅葉が色づき始めるので、ついでの紅葉を見たりと、楽しめる一日となっています。ぜひ今年行けなかった方は来年11月23日筆供養にいってみてください。朝10時からですが、お焚き上げは、14時ぐらいからです。

手元供養の博國屋

博國屋は新しい供養の形「手元供養品」を京都で製造販売しています。京都の瑞光窯で作っている清水焼のお地蔵さんや京都の職人さんたちの手による逸品を揃えています。是非、ご覧になってください。

博國屋公式HP

博國屋の手元供養品の地蔵

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする